フリースタイルなお別れざっし「葬」
ポジティブ葬儀シンキング
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/08/04(火)   CATEGORY: 未分類
8/10 紀伊國屋サザンシアターにて『ロスジェネ』3号発刊記念イベントのご紹介
漱石の小説はいつもえぐいです。
金の貸し借りの話ばかり。
女を巡る話ばかり。
金と女の話がどうして面白いのかって、やっぱり面白いんですよね。
題材よりも至極華麗な日本語マジックがあるから。
一文読むだけでも幸せな気分に包まれます。
お経のようです。


そんなわけでこの企画。
紀伊國屋サザンシアター 『ロスジェネ』第3号刊行記念トークセッション
「近代100年の問い 文学とアートの過去・現在・未来」
http://losgene.org/event/20090810.html

「文学とアート」ということで、
「文学」を担当するのが日本文学の小森陽一教授。
「芸術」を担当するのが美術家の会田誠氏。
『ロスジェネ』は文学フリマで『葬』と並んで販売してくださった雑誌です。
資本主義下における日本文芸の変遷が語られます。


興味ある方は是非。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フリースタイルなお別れざっし「葬」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。