フリースタイルなお別れざっし「葬」
ポジティブ葬儀シンキング
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/10/30(火)   CATEGORY: 未分類
文化放送「くにまるジャパン」に出演しました/醤油鯛/分類思考の世界
文化放送「くにまるジャパン」に出演しました。
緊張しすぎてスタジオに名刺入れを忘れる始末…
帰ってきたらブログにコメントが!
http://sou4444.blog19.fc2.com/blog-entry-52.html
嬉しい限りです。ありがとうございます。

番組内で紹介をさせていただいた『醤油鯛』
奥山が編集に関わった、とても思い入れのある本です。
『醤油鯛』への道(前編)
『醤油鯛』への道(中編)
『醤油鯛』への道(後編)

『醤油鯛』は、魚の形の醤油入れをおよそ25年もの間収集してきた昆虫学者の沢田さんが
口やエラなどの形状の違いから6科21属76種に分類し、図鑑のようにまとめたもの。
工場見学ルポもついてます。
この本のいちばんの魅力は、やはり沢田さんの文章。
格調高く、くだけています。
図や写真に目が行きがちな本かもしれませんが、ぜひ文章をじっくりと読んでほしいのです。
こんな書き手はなかなかいないと思うのです。


そして時間の都合でご紹介できなかったのですが、もう一冊のおすすめ本は
『分類思考の世界』
著者は進化生物学・生物統計学の専門家、三中信宏さん。
理系の著者が「分類」という言葉を使うと、ものすごくアカデミックな本かと思ってしまい
種とか科とか属とか、ダーウィンが何をいったかとか、そういうことが分からないと読めないのかな…なんて
不安になってしまいますが、そんなことはありません。

生物学者に限らず、私たちは分類しないと生きていけません。
ゴミはゴミ箱、本は本棚、塩は砂糖のとなりに置くわけで、
その分類が真なのかどうかはひとまずおいといて分けないと
あっという間にゴミ屋敷のできあがりです。
とすると、「人間はどんな分け方をとりあえず正しいと思ってるんだろ?」
と考えて、太古からの分類方法諸々を探っていくと、私たちの思考回路の謎にたどり着けるかも、つけないかも。
普段はそこにこだわってると話が進まないので取り残されている問題ですが、
あえてそこに切り込んでいくのがこの本です。
理系の専門家の思想や文章は、もちろんたっぷり含まれていますが
文系な方でも安心して読める本だと思います。

『葬』に連載記事を書いてくださっている山内志朗先生の著書『普遍論争』が紹介されていてびっくり。
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● 葬式プランナーまどかのお弔いファイル
開運 旧東海道 あちこち寄り道・散歩道 2012/11/04(日) 14:45
先日、文化放送「くにまるジャパン」で紹介してい た奥山晶子さんの「葬式プランナーまどかのお弔い ファイル」を読んでみました。 ぼくが以前書いているように、お葬式もお葬 ...  [続きを読む]
Copyright © フリースタイルなお別れざっし「葬」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。