フリースタイルなお別れざっし「葬」
ポジティブ葬儀シンキング
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/12/30(日)   CATEGORY: 未分類
笑う葬年会2012報告
去る2012年12月1日、茶房高円寺書林にて「笑う葬年会2012」が執り行われました。
年を「忘れる」かわりに「弔おう」という趣旨で、生前葬を模したもの。
参加・協力してくださった皆さん、誠にありがとうございました。

BGMはFacebookなどで募集した「今年、心に残った曲」。
今年リリースの洋楽を20曲もリストアップしてくださった方をはじめ、
旬ではなくとも今年よく聴いた曲、励まされた曲、心に沁みた曲などなど
たくさん寄せていただきました。

会の次第は
●開会の辞
●2012年さまの想い出
1年の出来事をスライドショーで流しました。
大雪からペンギンの脱走、尼崎の鬼女、衆議院解散まで。

●弔辞・弔電
2012年さまを偲び、たくさんの弔電が寄せられました。
読むことができなかった弔電をここにご紹介いたします。


+
いつか逢える きっと逢える
さよならは 愛のことばさ
+
アニメーション総合文化研究所 所長 寺川賢士さま

●献奏
『葬』編集人の奥山晶子が八月に出した『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』からインスピレーションを得たという方より
「まどかのテーマ」が鍵盤により演奏されました。
とてもありがたい話です。


●献字
会場のすべての皆様に「今年の一字」を書いていただきました。
「空」(スカイツリーや金環日食など)
「走」(今年は忙しかったりマラソンを始めたり、とにかく走った)
「女」(……)
など、さまざまな漢字が寄せられ、誰一人として同じ文字を書いた方はいませんでした。

●喪主挨拶
喪主の挨拶に替え、奥山が文字一つ一つを開票しました。

●閉会の辞


続いて、葬儀コーディネーターの浅賀ふみ枝さんとのトークイベントを行いました。
次々と飛び出す現場の話は、普段の暮らしの中では知りえぬことばかり。
詳しくはお店のブログにも。


会が進むにつれ、ただの「年」であり過ぎ去るものでしかなかった2012年という者の存在が
次第に人格を身に着けていくような感覚が生まれ、不思議な気分にさせられました。
2012年さま、本当にお疲れ様でございました。
次にバトンタッチして、ゆっくりおやすみなされませ。


過ぎ去るとき、亡くなるひと、様々な別れにおいて私たちは泣きながら
「今この時を忘れない」
「絶対にあなたを忘れない」
と言います。
しかし、私たちは忘れるでしょう。
本当に悲しいことだし、言いたくないことではありますが
私たちは忘れてしまうのです。
だからせめて忘れてしまうということだけは覚えておくのです。



明日の日の入りはどんなでしょう。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 承認待ちコメント
| | 2013/02/08(金) 23:56 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © フリースタイルなお別れざっし「葬」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。