フリースタイルなお別れざっし「葬」
ポジティブ葬儀シンキング
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/09/21(金)   CATEGORY: 未分類
『自然葬のススメ』
『自然葬のススメ』吉澤武虎著(アスキー新書)
http://ascii.asciimw.jp/books/books/detail/978-4-04-886604-0.shtml


著者の吉澤武虎さんと初めてお会いしたのは、数年前「葬送の自由をすすめる会」の海洋散骨に取材でお伺いしたときだった。
吉澤さんは「木霊と凪」という自然葬をサポートする会社の代表で、その日も遺族に寄り添っていた。穏やかな表情で語り口も静かであり、お話をしているととても安心できる人だなあというのが第一印象。東京に出てきたきりで友人はゼロ、話し相手といえば仕事関係の人たちばかりという殺伐とした日々を送っていた私は、かなり癒された。
2度目にお会いしたのは、池袋の「木霊と凪」におじゃましたとき。
着々と新しい葬儀の形を実現している様子にひたすら感心していると、吉澤さんはこう言った。
「これから、葬儀関連のライターを専門とされて活動していくんですか?」
社会関係の出版社に営業として勤めていることから葬儀関連記事の連載を任せてもらっていただけの私には、自らの具体的な将来を問われた初めての言葉だった。

そのときは、肯定も否定もできず「そのつもりではありますが…」などと言葉を濁してしまったが、「葬儀ライター」としての自分を意識するようになったのは、まさしくこのやりとりがあったからである。


吉澤さんは、この国の自然葬を30数年前から牽引してきた「葬送の自由をすすめる会」発足当時から関わり、自由な葬儀を求める方々を葬儀の生前契約というかたちで支えてきた。死に向かう人たちとの交流、逝く人と遺族となりつつある人との切ない関係、そして静かに海へと去るその瞬間。吉澤さんが見てきたありのままの自然葬が、この本には詰まっている。

資料としても一級品なのが、さまざまな国のお墓事情が記された第3章。インド、韓国、中国、アメリカ、ニュージーランドのお墓や火葬場へ出向き、死生観を自ら調査して書かれたレポートは貴重だ。とくにニュージーランドの原住民マオリ人の葬儀について、現地の日本人に聞き書きした下りが興味深い。

それぞれの章扉に配された、小説やエッセイからの引用文も面白い。個人的には第2章の、山田風太郎の引用がとても気に入った。


吉澤さんとは、年賀状のやりとりはさせていただいているものの、ずいぶんご無沙汰してしまっている。
近々また、池袋の事務所をお訪ねしたいと思っている。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/09/07(金)   CATEGORY: 未分類
9/18杉江松恋さんとトークイベント
『葬』編集の奥山晶子が、本の刊行記念トークイベントを行います。
書評家の杉江松恋さんとお話しします。


予約など↓
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=47721622


★★以下、Live WireのHPより転載★★


“その日”が来てからでは遅すぎる! あなたの知らないお葬式のすべて~ボッタクリの秘密から納得のエコ葬儀プランまで

「冠・婚・葬・祭」ーー人生の節目は何回か訪れるけれど、他の行事と違って、お葬式だけは「いつ」が予想できない。同じ式典でも結婚式や成人式なら、じっくり何ヶ月も“本番”までの時間があって、準備も心構えもできる。でも、「お葬式」だけはそうはいかない。そもそも、肉親の死に備えること自体けっして気分のいいものではないから、なんとなく気が引けてしまって、考えないようにしている人が大半だろう。

 でも、いざ「その時」がやってきてしまうと、もうストップが効かない。

 怒涛のようにやるべきことが襲いかかってきて、しんみりする暇などまったくない。親戚縁者への連絡、役所への届出、ご遺体の安置や保管、式場の手配、それぞれの宗派にあわせた式典の手続き、焼き場、お墓の手配…。そんな山のような手続きを、たった数日の間に、遺漏なく整えねばならないのだから、数え上げるだけでうんざりしてしまって、「誰か代わってくれ」と言いたくなる。

 そこで「お引き受けしましょう」と現れるのが葬儀屋さんという職業だ。

 半ばパニック状態の施主の代わりに、この難題をテキパキと片付けてくれる。「地獄に仏」などと書くと、事が事だけに縁起でもないと叱られてしまうかもしれないけれど、実際には本当に助かる代理人だと思う。

 ただ気にかかるのは、そんな厄介事の一切合財を引き受けてもらうお値段だ。

 どれだけ簡素にお願いしても、まず百万円単位でお金が飛んでいってしまう。業者も寡占だし、値引きを交渉すること自体、何か死者を冒涜しているようで後ろめたくもある。「自分じゃできないことだし仕方ないかぁ…」と、ため息混じりで貯金通帳とにらめっこしながらも、結局、業者さんのカタログ通りで事が進んでしまう。

 だが、実はもっと違う方法がありますよ、と教えてくれる人がいる。

 最近『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文藝春秋)という本を刊行した、奥山晶子さんだ。大卒で入社した葬儀会社に二年ほど努めたあと編集者に転じたが、葬儀業界の“ボッタクリ体質”を何とかできないだろうかと、自費出版で「フリースタイルなお別れ雑誌『葬』」と銘打った雑誌を創刊。自ら「D.I.Y.葬」と名付けた、業者に頼らない手作り葬儀のやりかたや、自前の祭壇づくりや遺体運搬のノウハウまでをお値段つきで公開してしまったのだ。

 今回出版した『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』はそれを個別のケースに落とし込んだ物語形式のノウハウ集で、「俺の葬式に葬儀社は使うな!」と言い張って亡くなった困ったオヤジさんや、「ワタシのお墓は樹木葬(墓石の代わりに木を植える)。無宗教だから、お葬式はあなたがプロデュースしてね♥」と無茶ぶりする無邪気なママなど、施主泣かせのエピソードが満載だ。

 だが、実際に奥山さんはそんなケースにもそれぞれの答えを準備。お値段はエコに、そして限られた時間に少しでも故人を思い返す余裕を残せるような、「あなたにぴったりのお葬式」を提案してくれる。

 今回のイベントでは、なぜで無茶な値段がまかり通ってしまうのかという葬儀業界の構造や、打って変わって想像力の限りを尽くした面白葬儀の数々の紹介、そしてもしあなたが喪主になったらどれぐらいのご予算で葬儀を行えるか「マイ葬儀プラン」のご相談などもOKとのこと。

 なかなか“予習”のできない「お弔い」の不思議な世界を、この機会に少し覗いて見ませんか?


[出演] 奥山晶子(編集者・ライター)、杉江松恋(書評家・ライター)

[日時] 2012年9月18日(火) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] Live Wire Biri-Biri酒場 新宿
     東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F (Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分


[料金] 1500円 

※当日券500円up
※店内での飲食代は別途となります。
※領収書をご希望の方は、オプションの「領収書」の項目を「発行する」に変更してお申し込みください。当日会場で発行いたします。
 
※ご注文者には整理番号をメールでご連絡します。
 お申し込み時に住所をご記入いただきますが、チケットの送付はいたしません。
 当日会場受付にて、名前、電話番号、整理番号をお伝えいただければ入場できます。
 
※満席の場合は、立ち見をお願いいたします。
 
※お支払い後のキャンセルは一切受け付けませんのでご注意ください。
 
※銀行振り込み決済の締め切りは9/14(金)午後3時、カード決済の締め切りは当日午前0時です。
 
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/09/04(火)   CATEGORY: 未分類
9/6「不忍ブックストリーム」に出演します
9月6日、22:00~
「不忍ブックストリーム」に出演します。
ナンダロウアヤシゲさんとお話。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/08/28(火)   CATEGORY: 未分類
『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』でました
拙著『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文藝春秋)が発売になりました!
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163755403

9つのケーススタディと、図解による解説がついた渾身の一冊です。
自由で豊かなお葬式の後押しができれば、と考えを尽くして作りました。
『葬』でおなじみの、くまのイラストも多出。

■ご紹介情報■
■「寺ネット・サンガ」代表 中下大樹さんのブログにて
とても温かい書評をいただきました。
http://ameblo.jp/inochi-forum/page-9.html#main
「生・老・病・死の駆け込み寺」をモットーに活動している「寺ネット・サンガ」。
代表の中下さんは全国を飛び回り、「いのち」をキーワードにした様々な活動をされています。
東日本大震災の被災地へ出向き、大事な人を亡くされた方のグリーフケアをされたり
自殺や貧困に関するシンポジウムに出演されたりと、日々命の尊さを叫ぶ浄土真宗のお坊さんです。

■遺影写真ネットのセントラル・フォト
HPにてご紹介をいただきました。
http://www.centralphoto-e.jp/
遺影写真を加工・出力するサービスを行う写真屋さんです。
背景の柄や着せ替えが豊富!で、本書でもご紹介していますが
なにしろ本は白黒なので、ぜひ本元のHPでお確かめ下さい。

■ラステル久保山(ニチリョク)
http://lastel.jp/kuboyamainfo/detail.php
遺体安置を第一の目的とする施設。新しく「ラステル新横浜」もオープンしています。
ニチリョクさんの葬儀に関わる試みは、斬新で、かつ、かゆいところに手が届くものが多く
いつもお勉強になります。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/08/19(日)   CATEGORY: 予告
単行本を出版します
『葬』編集人の奥山晶子が
文芸春秋より2012年8月23日に『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』を出します。
「なんとかなる葬儀」がテーマです。
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163755403

発行人のおもだか大学は、若干路線を変更しながら
『葬』6号を執筆中です。
秋の発刊になります。
少々お待ちください。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © フリースタイルなお別れざっし「葬」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。